smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

戸惑い

あの人と一緒にいて、考えてたこと

最初は、あの人が言う「さよなら」の言葉を待ってたアタシがいて。


そう言われる日のことを いつもどこかで覚悟していた

でも、あの人は、アタシのことを好きなんだ・・・
って気持ちが、いつだって伝わってきていたからこそ。

この恋の結末は、アタシ自身が決めるものなんだ・・と思うようになって
いった。


いつか、あの人じゃない誰かと出逢えた時。

いつか、踏ん切りがついた時


どんな結末かわからないけれど、アタシが決めるものなんだと思ってた。


「もう少し待ってて」


そう、あの人が言った時 戸惑ったのは、考えてもいない言葉だったせい。

あの人との終わりを、常に意識して一緒にいたアタシには、この先の人生
を、一緒に歩いていく道など 想像もしていなかった


考えていたのは、いつか終ること。

もしも子供が出来たなら・・という2つだけ。

そのどちらの道にも、あの人は居なかった。


だからこそ、あの人の生活にも波風を立てないよう、必要以上に配慮した


デートをしたのも たった2回だけ。


デートしたい、旅行に行きたい・・・という あの人の言葉を全部
振り払ってきた。


毎日のメールが、やがて毎日の電話になった時も。


電話代で波風を立てないよう、アタシ名義で携帯を買い あの人に渡した


月々の契約料を払おうとする あの人の手を、強引に振り払ったのも、
アタシなりのケジメのようなものだった


徹底して日影の女でいること、たった数千円とは言えどお金を払っている
惨めさを味わうことが、こんな関係を終らせることが出来ない自分への
罰のつもりでいた。


だからこそ、戸惑う

まだ決断したわけでもない今、覚悟を決めるのは今ではないけれど。


でも、その可能性を少しでも考えて口にした あの人がいたことで
考えたこともなかった 2人で歩いていく道を 考える


考えても考えても・・・


自分が一生罪を背負って生きていくことの 重さだけが 圧し掛かってくる


アタシのせいで 1つの幸せな家族が バラバラになってしまう

同居している あの人の両親から かわいい孫を奪ってしまう

あの人から いつも傍にいる子供を 奪ってしまう

そして子供から 父親を奪ってしまう


全部 アタシのせいなんだと 考えながら 生きていくことも。

恨まれながら 生きていくことも。

隣近所の人たちや 親戚たちから白い目で見られる生活も。


なにもかも。


考えれば考えるほどに、誰1人として幸せな人が見当たらないんだ。

幸せな笑顔で笑ってる アタシと あの人の姿が どこにも見当たらないんだ。


だからこそ。


あの人にその決断をさせてはいけないんだ


勝手に あの人がその決断をしたのなら、もう壊してしまった以上
罪を背負う覚悟を 決めるしかないけれど。


わかってる。

本当は、アタシがサヨナラを言えばすむ。


なのに、なぜそれが出来ない?


もう少し・・・あともう少し。


何度この言葉を 繰り返せばいいのだろう。


結局 なんの覚悟も決められない。


なんて中途半端なんだろう。


なんてアタシは、バカなんだろう。

スポンサーサイト

2008-07-31 | 笑顔の記憶 | cm : 10 |

覚悟

あの人と出逢ってからの1年半

あの人の笑顔が、変わらず今も傍にある


あの人の手を振り払えず、変わらない関係を
続けている自分を、本当に情けなく思う


出逢ってからの1年半

本当にいろんな事があった


ガチガチに凍りついた心が

あの人の優しさで 解けていくのを感じる日々


まるで薬のように

よく効くあの人のぬくもり


心の傷が

あの人の優しさで 埋められていく


それでも、やっぱり苦しい思いから開放される日は
1日もなかった


あの人と歩いてきた日々


交わした言葉の数だけ

交わしたキスの数だけ


その存在は大きくなっていく


親友のようであり、兄のようであり
時に子供のように いつも傍にいた


いろんな あの人を知っていく毎日の中で
いろんな自分を知っていく 戸惑い


言い慣れないワガママを口にして後悔する
そんなアタシを見て喜ぶあの人に 戸惑った日


抱えきれない想いを爆発させ、あの人の胸で
大泣きした夜


仕事で悔しい思いをした日、悔しいと言いながら
泣いた後、2人で笑った夜


いままで人前で泣いたこともなかったアタシが
あの人の前で 子供のように喜怒哀楽の感情を
開放している


今までのアタシは、言いたい文句はギリギリまで我慢し
出来る限り自分の中で消化しようとしていた


けれど、あの人は言いにくいアタシへの文句を口にする。


アタシが悪いんだと謝った あの日


言いたい事は言って、相手にも謝るタイミングを与える
ことも優しさなんだと感じた


そして、あの人が いつになく真剣に言った


「オレは今まで好きになった女は、何人かいるけど
こんなに好きだと思った女はいなかった」


どうせ過去の恋愛を 忘れてるだけなんだよ
と言いながら、軽く聞き流した


そんなあの人が、はじめて家庭のコトを口にした


「オレが結婚する1年前、ツレが死んだんだ。
その時、人生なにがあるかわからない・・だから、結婚して身を固めよう
と思った時、その当時付き合ってた彼女と、ただなんとなく結婚した。
でも今は寝る部屋も違えば、生活もすれ違い。趣味も合わないし
ほとんど口も聞かなくなった。」


だからアタシは言った

夫婦なんて長く一緒にいれば、そんなものじゃないの?・・と。


そんな話は聞きたくもなければ、言いたくもなかったけれど、
口をついて出た言葉は 大人ぶってフォローするような言葉ば
かりだった。


また あの人が言った


「りおは、オレとの関係に終わりがあると思ってる?」


当然あると思っているコトを伝えた



「りおが、新しい出会いを探して、飲み会に行ってることもわかってる。
でも、りおが他の男と・・って考えるだけで、オレはイヤなんだ。
できれば、ずっと一緒にいたいって・・そればかり考えてる」


なんて勝手なことを言ってるんだろう・・と思った。


「最近・・考えるんだ。
りおと一緒に生活したら、楽しいだろうなって。
りおとなら、ずーっと一緒に歩いていけるんじゃないかって。」


あの人のそんな言葉は、ただの現実逃避。
真に受けるほうがバカなんだと言い聞かせながら言った。


アタシのこと美化しすぎなんだよ。
だいたいアタシとだって趣味あわないじゃん・・と。


あの人は笑いながら言った

「うぬぼれんな!美化なんかしてねぇよ。」


それから沈黙の後。

今まで見たこともない真剣な顔で言った


「もう少し待ってて」


優柔不断なあの人が、はっきり言った言葉に 驚いた


「オレは家族を壊せない」


そう最初にはっきり言い切っていた あの人が
そんな言葉を口にした事に 戸惑った。


一緒にいたいなぁ・・と願望を口にすることは今までも
時々あった。


オレが全てを失っても、一緒にいてくれるのか?と聞かれ
た事もあった。


けれど、そのどれもが 独り言のように アタシに答えを
求めることはなく、最終的に中途半端に話を変える あの人
がいた。



出会いを探して飲み会に行くことでさえ、仕方がないことなんだと
何かを言ってくるようなことはなく、ただ聞きたくはない・・と
だけ言う人だった。



同じ会社の人とは飲みに行かないで欲しい・・とワガママを言う
ことはあっても、結局最後は、行っていいよと言う。


決して強引ではなく、無理強いもしない。


アタシの意思を尊重してくれる優しさは、1年半経った今でも
相変わらずだった あの人


そんなあの人が、「待ってて」と言ったこと


その、事の重大さをわからないわけじゃなかった。


中途半端な気持ちで「待ってて」と人に言えるものじゃない。


行く気もないのに、「ソコで待ってて」と誰かに言う人はいない。


わりと言葉を慎重に選ぶあの人が、その場の雰囲気で適当に言う
セリフではないことぐらい、1年半も一緒にいればわかる。


「待ってて」


その言葉に、それなりの覚悟があるんだという想いが伝わってきていた。


わかるからこそ、必死に止めるアタシがいた。


別れたい理由より、一緒にいる理由のほうが たくさん
あるなら、別れちゃダメなんだよ・・と。


必死で止めるアタシがいるのはキレイごとでもなんでもなく。


ただ・・アタシにその覚悟ができていないからだった。


好きだとか、惚れてるとか。

そんな想いを抜きにしても、人として「合う」と感じた 唯一の人


肩の力を抜いて、人間らしく、そして女でいられる

そんな唯一の居場所


そんな あの人と一緒に歩いていけるなら・・・なんてバカなコト
を考えないわけじゃない。


だからと言って、あの人が全てを失うことは、犠牲にするものが
多すぎる。


あの人だけじゃなく、人の幸せを犠牲にしてまで手にいれる価値が
この恋愛にあっていいわけがない。


例えばもし、あの人の子供が出来たなら。


1人で育てていく 覚悟を決めるだろう。


でももし、あの人が全てを捨てたとしたなら。


その先 あの人の人生に、そして犠牲にする多くの人に
責任を持つ覚悟なんて今のアタシにはないんだ。


情けないけれど、今のアタシは あの人から離れることも
出来ない。


でもアタシは待ってない。


あの人がそんな道を歩かないよう、必死で説得するだけ。


それでも あの人がその道を選ぼうとするのなら、勝手に
すればいい。


でもその時は・・。


覚悟を決めて、あの人に ついて行くアタシがいるんだろう。

2008-07-28 | 笑顔の記憶 | cm : 3 |

2007年11月19日(月)

仕事が終わり、一息つく間もなく家事という
仕事がはじまる


帰宅と同時に、お米を洗い炊飯器のスイッチを入れる

その間、お風呂の残り湯で洗濯をし。

洗濯機がまわっている間に、夕食の支度をする


自分ひとりなら手抜きできる食事も、父のことを想うと
バランスも考え、おかずも2品以上にしようとメニューも
考える


食事が終わり、後片付けをすませ。

お風呂を洗い、湯を注ぐ

その間に、また洗濯物を干し。

翌日会社に着て行く制服に、アイロンをかける。


お風呂から出て、TVを見ながら、あの人とメールをする

あの人とのメールで眠りに落ち。

翌朝、あの人のモーニングコールで目を覚ます。


お弁当を作り、残り物で簡単な朝食をすませる

メイクをし、髪を整え、会社へと車を走らせる


こんな毎日が、日課になりつつあり。


慣れてきた自分がいる分、それだけ母が居ない日常が
続いていることを感じる。


一週間の食材を、まとめ買いをするために、父から渡される1週間
5,000円の食費


残りは自分のおこづかいにするために、なんとか3000円以内に収めようと
セコい節約メニューを考えることも。


なんだか楽しかった。


正直しんどいと思う時もあれば、1人暮らしの頃のほうが
もっと気楽だったと思うアタシもいる。


結婚もしていない上に、主婦でもないアタシ。

もともと家事は好きだったけれど、やっぱり違う。

やらなければならない状況におかれることも。

自分だけのタメじゃないことも。


これが新婚だったなら、気分は格段に違っていただろう。


心の準備もなく突然やってきた状況に、正直愚痴を言いたくなる時もある。


でも面倒くさいと言ったなら・・。

今日は疲れてるから・・と言いながら家事をこなしたなら。

きっと父が気にするだろう・・。


そう思えば思うほどに、愚痴は言わないと心に誓い
今の状況を楽しんでいるフリをしてみせるアタシがいる。


休日も、昼間から友達の家に遊びに行き。

くだらないことでお喋りしながら、夕食もどこかで
適当に友達とすませては夜遅くに帰宅していたアタシ。

遊びに行ってくるね・・というアタシに、父が言う

「晩御飯は適当にすませるし、遅くなっていいからな」

食事なんて自分で作れないくせに、そんなことを言う父が切なくて。
どうしても放っておけず


夕飯の支度があるからと、5時には帰宅するようになった。



でも本当に、楽しいこともある。

それは職場のおばちゃんと、料理の話で盛り上がるように
なったこと。

野菜を貰う度に、いろんな料理を教えてもらって
レパートリーが増えたこと。

料理の腕が上がってきたこと。

そして、そんな料理を父が「おいしい」と言いながら
食べてくれること。


そんな毎日を、アタシなりに楽しんでみようと思った。

2007-12-30 | 笑顔の記憶 | |

2007年11月18日(日)

今日は日曜日


相変わらず里帰りしている母は、まだ当分帰って
こられないと知った


理由は・・母の弟が、病気になったからだった。


働けなくなった叔父。


叔父は50歳を迎える手前の働き盛り。

でも、独身だった。


祖母と2人で暮らす叔父。


既に80歳になる祖母は体も弱く若干のボケもある。


当然のことながら、病気の叔父の面倒なんて見ることも出来ないため
母が面倒を見ることになった。


厄介なのは、叔父がただの病気ではなく、精神的な病だった
こと。


普段は愚痴も言わない母が、今回ばかりは父に愚痴を言って
いることに、アタシは驚いた。


相当参っているんだろう。


父は亭主関白で、以前母が会社に勤めていた頃、帰宅が10時を
過ぎようと、家事を手伝うようなことはしない人だった。


それどころか2人は仲も悪く、アタシが中学生の頃から
既に家庭内別居。口を開けばケンカばかりだった。


そんな2人を見て育ったアタシは、当然結婚に対して夢も希望も
持つことはなく、結婚に対して冷めた感情さえ抱いていたかも
しれない。


でも、ここにきて。

亭主関白だった父が、変わってきた。


仕事帰り、毎日様子を見るために、母の元へ通っている。


母が手伝う予定だったバザーへ変わりに行き、フランクフルトを
焼いている。


台所へ立つことさえ嫌がっていた父の、母に対する優しさを知った。


こんな非常事態が起こって、はじめて家族というものの意味を考えた。


結婚をせず独身でいる叔父の家。

母を支える父の姿


そして、様々な問題を、目の当たりにして。


結婚に対する考えが、アタシの中で変わりはじめている気がした。


それは叔父を見たから・・だけではなく。

やっぱり父の・・母に対する優しさだったかもしれない。


32年間、一緒に暮らしてきたのに、今はじめて見た母に対する
優しさに、胸を打たれたせいなのかもしれない。


いろんな想いが、アタシの中で渦巻く。


たまらない不安に襲われながら、家の外に出ると
空に、とても大きな虹がかかっていた。


そんな虹を見ながら、思い出していた。


1ヶ月前に、あの人とはじめてデートをした日に
2人で見た虹を。


あの人に、虹が出ていることを伝えたくて、写メを送った


あの人から、すぐ返事が届く


「オレも今虹発見したから送ろうと思ったのに、先越された><」

「なんかいいねwこーいうの^^」

「うんwいいねw名古屋のデート、思い出した」


会えない日曜日。


離れた場所から、同じ虹を見て、同じ記憶を辿ってたアタシたち。


虹のおかげで、少しだけ心が穏やかになった。

あの人が、また少しだけ幸せな気持ちをくれたから。


もう少しだけ、あの人の傍にいたい・・・

もう少しだけ、あの人の優しさに甘えていたい・・


あと・・もう少しだけ。

あの人の傍で、現実逃避をさせてください。


まるで、すがりつくように願うアタシがいる

2007-12-29 | 笑顔の記憶 | |

2007年11月17日(土)

火曜日も会って、昨日も会ったのに、今日も会える


そう考えただけで、嬉しかった


こんなに会っているのに、飽きることもなく。

変わらない あの人がいることが嬉しかった。



会社の後輩が、最近曲づくりに目覚めている話になった。


曲は思いつくのに、歌詞が思いつかないから考えてくれ・・と
言われた あの人は、最近そんなことばかりを考えていて。


考えた歌詞教えてよ・・・というアタシに

「それはイヤだ」と照れるあの人がいた。


無理矢理教えてもらった歌詞を、全ては覚えてないけれど。

心に響いたフレーズだけを書き並べると、こんな感じだった



線香花火

言葉を交わさなくても 2人の気持ちは1つになった

あの日から キミへの想いが大きくなっていく

キミの瞳に映るもの

その瞳で ナニを見ているの?

愛想笑いだったキミが

ボクの前でお腹を抱えて 笑ってる


こんなに人を好きになるなんて

今までの恋愛は なんだったんだろう


友達という境界線

超えられない ガラスの壁

・・・


顔に似合わずくさい詩に、笑いながら茶化すアタシがいたけれど。


本当は照れ隠しだった。


あの人の想いが、伝わってきたことが嬉しかったから。


それと同時に、あの人も同じように壁があることを
感じているんだと知った。


アタシたちの間に、見えない境界線があることを。



暫くしてから、タバコを吸う あの人がいた。


禁煙する・・って言ってたけれど、結局続かなかった あの人に笑った。


そんなコト、大した問題じゃなかったけれど。


タバコを吸ったからこそ、知ったあの人の優しさがあった。


今までも、タバコを吸う男は、車内に煙が入らないように窓を開けて
外を向きながら 吸っていた


もちろん、あの人もそうだった


背中を向けられたその瞬間が、たまらなく距離を感じて寂しいと思う
アタシがいたけれど、そんなことは慣れてしまうような些細なコト
だった。


でも、あの人は。


タバコに火をつけ、煙を吐きながら・・


当たり前のようにアタシの手を握った


そんな優しさが、愛しかった

2007-12-28 | 笑顔の記憶 | |

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

| HOME |

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005RIO_IGARASHIAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。