smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

欠点

彼と別れた土曜日。


彼に気取った捨て台詞吐いた後、気づいた忘れ物。


アタシは、その日の夜、彼にメールした。


「ごめんらん丸に忘れ物あるよねぇ
今日バイトが終る頃に取りに行ってもいい
予定あるなら、別の日でもいいよ


その日別れて凹んでいるとは思えないほど、大人ぶったメール。


夜になっても返事の来ない彼に、またメールしたアタシ

「忘れ物はまた別の日でいぃや
今日バイト終った頃~なんて思ってたけど、もぉ眠くなっちゃったから
明日の夕方か、来週末あたり、どうかなぁ

これまた余裕のメール。

夜の10時、やっと彼からの返信
「何を忘れた?」

翌朝また返信した
「おはよ忘れた物は・・○○とか○○とか・・。
昨日行った時に思い出していれば、スッキリ終れたのに、なんだかゴメンね
そんな急いでるわけじゃないけど、また都合のいいとき連絡ください

ちょっと捻くれてると感じたアタシの返信。
忘れ物を、会いたい口実だと思われたくなかったからだ。

お昼頃、彼から連絡。
「今日は予定なくて家にいるから、今から早く来て持ってって!」


ずいぶん、乱暴なメールが返ってきた。
アタシは、その時友達とランチへ出掛けていたのに、アタシの都合なんて
お構いなしで・・。

でも、絵文字いっぱいの彼が、絵文字を使ってないことが妙におかしかった。
若い子は、素っ気無い態度を絵文字なしで表現するんだ・・みたいな。


「ごめん今出掛けてるよぉ夕方行くね


友達とのランチ、早めに切り上げて彼の家へ向かったのが4時
家に行くと、彼は留守だった。


だったら夕方は出掛けるから・・と連絡ぐらいくれても。
なんだか、そんな彼を子供だと感じた。


「今家寄ってみたら留守でしたぁ

お出掛け中かな

また帰ってきたら連絡してね


ちょっとムっとしながらも、ここも大人の余裕。
最後だから、くだらないことで喧嘩したくなかった。


返事の来ない彼。


「今日もムリっぽいね最近アタシ体調悪くて眠るの早いんだぁ

待ってられなくてゴメンねぇ
今週は平日も週末も予定ないから、また都合がいい時連絡してください


そして、彼からの連絡を待つアタシがいる。


正直・・忘れ物をしたアタシがバカだけど、さっさと終らせたいと思ってた。


こんなにズルズル長引かせたくなかった。


忘れ物は・・アタシの物じゃないから厄介なんだ。


ぃや・・逆に長引いてるから、アタシは行動を起こさずにすんでいる。


彼は、面倒くさいと思ってるの?
だったら、尚更早く連絡くれればスグ終ることなのに。


それとも、アタシのあっさりした対応に半ばキレ気味なの?


それとも、友達にはならない。と宣言したアタシにムカついてる?


なんて・・。


逆に、アタシがどんな気持ちでこのメールを送ってるのかなんて。
彼にわかるわけもない。


最初は、ただ忘れ物を取りに行きたいだけだった。


時間が経つにつれ、それが最後に彼に会える口実に変わってる。


会わなくても、もういいや。
そんな気持ちになった時、アタシは彼にメールするだろう。


「明日、荷物取りに行くから、玄関の前に置いておいてねw
顔合わせずに受け取るのも、変な気がしたけど。
これ以上長引かせるのも、イヤだから」と。


そのメールを送りたい衝動に駆られる。もう何度も。


アタシは・・今後悔している事がある。
何故アタシは彼に、考える余裕を与えてあげなかったのか。


「わからない」そう何度も言った彼に。


彼は「わからない」と言ったけれど、「別れたい」とは言わなかった。
アタシが勝手に話をすすめただけだ。


アタシに少しでも余裕があれば・・
あそこで終らせなくても、急がないから考えてみて。と言えた。


これが、白黒はっきりさせたがるアタシの悪いところかもしれない。


そういえば・・元彼と別れた時も、彼が言っていた。
「わからない。今はまだ迷ってる」と。


その時も、彼は別れようと言ったわけじゃなかった。
アタシが結論を急がせたんだ。


白黒はっきりさせたいアタシが。


あの時のアタシも余裕なんてなかった。


残業だらけの毎日。遅く帰るアタシが、彼との結婚前提の同棲生活に
ムリを感じて断ったあの日。
それでも彼はペアリングをくれた。
こんなアタシでも一緒にいようって思ってくれてるなら、アタシは仕事を
辞めようと思った。
今までのキャリア捨てて、彼と同棲するために。
そして会社へ辞表を提出した。
話し合いの結果、1年後の退社が決定した。
飛び込む準備万端のアタシに、「わからない」と言った彼の前で
アタシは余裕をなくし、結論を急がせた。
彼に考える時間を与えてあげることもせずに。


だからあの日、彼も、キャリアも同時に失ったんだ。
こんな自分をいい気味だとさえ思える。


あぁ・・なんだか自分の欠点がはっきりした。


その答えは必要ですか?
そんな、コメントくれた方の言葉が今身にしみる。


自分が答えを求めたいからといって、相手にもそれを求めてる。
それが、アタシの欠点だ。


このままじゃ、アタシはダメだ。


ぃや・・今この欠点がわかっただけでも、進歩というべきかもしれない。


彼と出逢えたことは、アタシにとって意味があったんだ。


彼と出逢えてよかった。


アタシはもう考えるだけ考えた。
あとは、彼からの連絡を待つだけ。
待てなければ、あのメールで終わらせるだけ。


彼にまた会えたなら・・どうしたいか答えが出ていないけど。


少し、ブログお休みします。


また戻ってくるね。


アタシのバカなブログに、コメント本当にありがとう。
まったく人騒がせだよね。。。。

スポンサーサイト

2006-10-31 | 恋愛 | cm : 4 | tb : 0

答え

書いてることが・・めちゃくちゃだ(笑


自分でも感情がコロコロ動いて・・動きすぎて。どうにもならない。


思ったことを書きなぐりながら・・それでも、これ見てくれてる人がいると思うと
ちょっとしたプライドもありながら・・そしてプライド捨てながら。


たぶん、アタシは今頭の中を整理したいだけ。
自分の中で、納得がいかないから、理由を探したいだけ。


白黒はっきりさせることが大事?
わかってるのに、アタシは白黒はっきりつけたがってる。


この別れの意味を知りたくて。
答えのない答えを求めてる。
問題さえわからなくなってるのに、ただ答えだけ探してる。


こんなブログもたまにはいいよね。
こんなに書きたいこと書いてるの・・はじめてかもしれない。


胸の奥さらけ出して・・ちょっと隠しては・・またさらけ出して。


みんなからの、厳しくもあったかいコメ読みながら。
返事も書けずにいるアタシがいる。


冷静でいられないくせに・・冷静に分析しようと必死で。


ものすごい勢いで、書き殴ってる。思いついたこと全てを。


アタシは職場のアッコにだけは、いつも彼のコト全て話してきた。
一番話してきた友達だ。毎日一緒にいたからなのか・・話しやすいからなのか。


週末、アッコに別れたことをメールした。
もちろん自虐的ネタにして、アッコと2人メールで盛り上がった。


だからアタシは、今日の出勤は平気な顔して行きたかった。


いつもより、ちゃんとメイクして。
背筋も伸ばして。
アッコにも笑い飛ばしてみせるアタシがいた。


なのに・・・アッコに見破られた。

「りおさん・・腕・・」

そう。アタシの手首に毎日巻いていたもの。

彼と付き合い始めた頃、おそろいのペアリング買いに行こう。って言っていた。
でも彼はお金がなくて。クリスマスに買いに行こうと約束してた。


だから・・それまではコレを身につけてほしい。って彼がくれたもの。
100円の髪を縛るゴムだ(笑


彼がずっと首にさげて使ってたボロボロのゴムだった。


ちょっと抵抗はあったものの・・アタシはそんなゴムが嬉しかった。
物よりも・・気持ちが嬉しかったんだ。
ペアリングなんて、正直どうでもいいと思うぐらい。

そんなゴムを手首にいつも巻いてた。
身に付けはじめた頃、目敏いアッコは、スグそれを見つけた。
理由を聞いて大笑いしてたっけ。


ゴムをロッカーに落としたまま受付に立った日。
「ゴムがない!」なんて大騒ぎしたアタシにアッコが言った。


「そんなゴム、そこらへんに売ってるんだから、ちょっと毛先をボロボロに
裂いておけば、失くしてもバレないってば!(笑」


なんて言うアッコに「あれじゃなきゃダメなんだよ!」なんて言い返すアタシ。


「りおさん・・結構らん丸のコト好きなんだね。ビックリ」


目敏いから・・今日もまた見つけられた。
ほんっとアッコってばスゴイ。
見えないように気をつけてたのに・・一瞬だけ見えてしまったゴムを見逃さない。


なんだか気まずい空気が流れた時

「6×6=10」

なんて大きい声が聞こえた。
久しぶりに、採血嫌いのばーちゃんが来て、間違った九九を叫んでた。

アッコと2人、声押し殺して笑った。
ばーちゃんに感謝した。


仕事帰り、アッコと話した。なにもかも。

「なんだか・・別れの理由は確かにいまいち謎だよね。
でも若い子ってそうなのかもね。メール世代だし。
私も前に19歳の男の子に言われたことあるよ。アッコさんのメールは
素っ気無い!ボクのコト好きじゃないんだ!って。それから音信不通になった(笑)
アタシにとって、メールなんて用件だけ伝えるものだったし。
長くなりそうな会話ならTELにしちゃうし。
その時点で、考え方も生活も既にすれ違ってるよね。
りおさんさぁ、スゴイ決意して飛び込んだよね。今までしなかったコトした。
そんだけでもスゴイんじゃない?
これ以上彼と居ても、何も得るものなんてないよ。
プライド捨てて汚れた女になってみたいなら、自分にとって利益がある相手に限る」と。


確かに。そうかもしれない。


でも、アタシは今もわからない。気持ちがコロコロ回転してる。数時間置きに。


アタシは、ただ相手構わず汚れたいだけ?


アタシはいつもプライドが高くて、臆病者で、小心者で。
都合のいい女になりたくなくて、怯えてる。
捨てられるのが怖くて、プライドを掲げる。
自分の気持ち、相手に悟られるのが嫌いで。
そんなに好きじゃないわ。ほっといてくれても平気よ。なんて態度。


本当はそんなんじゃないのに。邪魔くさい自分の性格。
だけど、わかってよ。って思うワガママな性格。


そんな自分が嫌い。
そんな自分を変えたいだけなんだ。


いっそのこと、プライド捨てて。みっともないほど相手にすがりついて。
都合のいい女になったなら、変われるかもしれない。


でも、プライド捨てるなら好きな男じゃなきゃイヤで。


好きな男・・。


やっぱまだ好きなのかな


もう1度プライド捨てた自分で、ぶつかってみたいだけ。
そのうちに、また彼が戻ってくるのを期待しているだけ。


そんな気がした。


思いっきりぶつかった恋が、あっさり終った事に納得がいってない。


それは、納得のいくまで話し合いが出来なかったから。
そう。そうだよ。


だって、話し合いなんて出来なかったんだから。


彼が言った言葉は、「わからない」そして・・・
「面倒くさい。」そんな言葉だった。


自分の気持ちがわからないのに、なんで付き合えるんだ?と。


最後までコミュニケーション不足。

アタシはそれでも・・自分が言いたいコトは言ってきた。
それはとても一方的に。

話し合いじゃない。

話し合いの出来る相手じゃなかった。

話し合いの出来ない人と、どんな友達になるの?

もしかして・・

それが答え?

アタシは何の答えを探してるの?

答えを探して、どーしたいの?

なにをしたいかも、わからない。

でも今は、ただ思ったことを書き殴りたいだけ。

みんなが思うより、アタシは冷静。


だって・・こんな時にブログのタイトル考える余裕なんてものが
あるんだから。

2006-10-30 | 恋愛 | cm : 3 | tb : 0

プライド

ごめん。せっかくコメくれたけど、コメ返もーちょっと待ってください。。

昨日、友達Mと会った時

彼女に報告した。別れたこと。

自虐的ネタで、笑い飛ばした。
彼女に気を使われたくなかったからだった。

「今度付き合う男はぁ、やっぱ免許持ってて、月末に財布の中身が1000円以上♪
日曜日休みの社会人がいいなぁ♪」

「レベル低っ!!そんなん腐るほどいるよ(爆)」

「ロウソク1個しか並ばなかったしw次は目指せ2個?(笑)」

「ぃやぃや・・1個は並んでるとは言わないからっ!(笑)」

なんて笑いながら時間が流れた。

でも・・そんな彼でもいいって思ってたんだ。それでもいいってさ。

夜、友達のO君と話した。

「おまえさぁ、恋すると一直線なんだなぁ!
俺はオマエの「飲み会引退します」宣言に驚いてたよ。
俺なら不安な相手と付き合うなら、とりあえず飲み会だけは行くけどね。
まぁ、だからわかっただろ?だからみんなに反対されてただろ?
これでよかったんだよ。また飲み会やってやるよ。飲み会復活だなw」と。


今、朝目が覚めて。


やっとアタシ泣いてるんだ。やっとね。
よかった。泣けるアタシがいて(笑


今から会社出勤しなきゃいけないのにね。


自分の気持ちは、やっぱりわかんない。
相変わらず、わかんない。


アタシね、昨日のコメで思い出したんだ。


彼との始まりはプライドを捨てたところから始まったんじゃなかったの?・・と。


アタシ、3年ぶりに恋出来たのが嬉しくて。
今までプライドが邪魔して、出来なかったことして飛び込んだ。


あの時思ったのは、例え若い彼の遊びだとしても、アタシが彼のこと好きなら
それでいい。
自分の気持ち大事にしたい。そう思ってたはずだった。


なのに。アタシは欲張りになってたかもしれない。
また、くだらないプライドで身を固めて。
彼が若いからと、大人ぶって格好つけて。
人の気持ちも考えられない、冷たい女になっていた。


そう。この別れの原因はアタシにある。
アタシが全て悪い。


プライドなんていらない。
だからもう1度、アタシはプライドを捨てようと思う。


考えてもわからないから、今は彼の傍にいたい。
わからないから、今離れ離れになりたくない。


それが例えば、アタシが一番なりたくなかった都合のいい女であっても。


今までのアタシは、マジメで、曲がった事が嫌いだった。
冒険してみようと思う。


最低だって、ののしられても。
アタシはもう、しっかり者でマジメで潔癖な仮面を脱ぎ捨てる


例え2番目の女になろうと。
今傍にいるためなら、割り切った大人の関係でいい。


誰も傷つけることもない。
傷つくのが、自分だけなら、それでいい。


間違ってるってわかってる。
間違った道を進もうとしてるアタシがいる。


それでも。


アタシは自らの手で、殻を破りたい。
潔癖な自分を変えるために、汚れた自分を味わいたい。


その相手は、彼ただひとり。
アタシを変えられるのは、彼だけなんだ。


みっともない女。今のアタシには、そんな呼び名が似合うだろう。


バカだよね。ほんっと笑っちゃう。


ねぇ。みんなで笑ってよ。

2006-10-30 | 恋愛 | cm : 5 | tb : 0

わからない

一夜明けて・・・

熱が出たっ!風邪ひいたっ!!
んもぉ、弱っちぃなぁ自分。

別れってあっけないよねぇ。

過去、1年、2年・・とか付き合ってこれた人たちが居たのが不思議だ。

もしかしたら、今のアタシじゃ誰と付き合っても続かないんじゃないかなぁ。
なーんて自分を振り返って反省してるんだぁ。

アタシ高校卒業してから、情報の専門学校に行ったのね。
その時、学校行って、バイト行って、車校行って・・って感じで、ものすごく
疲れてた時期があったの。休日にまる1日のんびり・・なんて日一度もなくて。


その時に付き合ってた彼がいたけど、だんだん面倒になってきて別れたことあった。
自分の生活で、精一杯って感じで。
たぶん、そんなに好きじゃなかったのかもしれない。


今のらん丸は、あの頃のアタシと同じ気がしてる。
更に怪我が治って、本格的に練習やりだした。
疲れもあったんじゃないかなって思う。


だから、アタシのことも面倒になってきたんだろうなって。


もちろん本当に好きなら、そのぐらいで別れないと思う。
ただ、アタシたちはこれから始まろうとしていたところだから。


そんな時に、冷たいって感じるアタシのメールが毎日返ってきたら・・
冷めるでしょ。って感じだよね。
アタシとしては、彼の負担にならないようにしてたつもりだったけど。
それが、寂しいって感じたのかもしれないな。


大人ぶって、寂しいとか会いたいとか思ってる姿見せないようにって
必死だった。そんな姿見せたら彼の負担になると思ったから。
でも、違ったみたいだね。逆に素直になってたほうがよかったんだ。


そんな気持ちの冷めた彼には、何を言ってもダメで。


友達になりたいと言った彼。
彼は別れた女の中で、音信不通になってる女は1人もいないのだとか。
アタシは逆に、別れた男は全て音信不通にしてきた。


だから、あえてアタシは音信不通になろうと思った。
はじめて音信不通になる女(笑


ってか、考えたら何をやってんだかアホらしいと思えてきたょ。


彼がせっかく友達になりたいって言ってるんだから・・
傍にいて、彼が振り向いてくれるのを待つって手もなくはないのにさ。


でも、そんなの・・なんだか都合のいい女な気がして。
どうしても・・なんだか・・・。


ん~どうなんだろう。

ってか、今更な気がする。友達になんてなれるわけないでしょ!なんて
言って帰ってきたわけだし。


彼との残るチャンスは1度きり。
彼の部屋にある忘れ物を取りに行く時に、あと1度会うことができる。


でも・・どうなんだろう。
アタシはそこまでして彼を繋ぎ止めたいと思ってる?


アタシはそこまで、彼のことが好き?


どうなんだろう。
自分の気持ちなのに・・・今はわからなくなってる。


なんで?熱があるから?ダルイから?


きっとアタシ・・心底好きだった元彼と別れた時に、同じセリフ言われてた
なら、迷わず傍にいたいと思っただろう。


でも・・らん丸は?

会えない間に、気持ちが冷めたのはアタシも同じなのかもしれない。


アタシは付き合い始めの頃の彼に、男の力強さみたいなもの感じて。
なんでも受け止めてくれる器の大きい男なのかもしれないと思ってた。


実際は・・無口で、ぶっきらぼうで、捻くれていて。
若干20歳の男が器が大きいわけもなくて。


セリフは大人でも、行動が伴わなかった。
財布の中身が9円しかなくても、アタシと結婚したいという彼のセリフが
まさにそれだ。


いろんな意味で、不満を挙げればキリがなかった。


アタシが言う言葉に、彼のぶっきらぼうなセリフが帰ってくれば、その度に
元彼だったら、こーやって言ってくれたなぁなんて、元彼の優しさに感謝
したりして。


らん丸と付き合ってる時に、職場の人から付き合おうって言われた時も
一瞬「この人と付き合ったほうが、楽かもしれない」なんて迷ったりして。


それでも・・


ぶっきらぼうでも、子供でも。そんな彼のことが好きだった。


一度付き合おうと決めた時の、アタシの決心は固かった。
だから、簡単に別れたくないって思ってた。


もしかして・・簡単に別れたくないと思ってたから、別れたくなかっただけ?


別れた今は、自分の気持ちがわからなくなってるなんて。


これは・・諦めからくる思いなのかな。
考えれば考えるほど、わからない。


別れたのに、涙も出ないなんて。
こんなアタシ、なんか変だよ。


昨日彼と話した時に、彼が何度も言っていた「わからない」の
セリフ。


今はアタシが自分の中で連呼してる。
「わからない」


そう。今はわからないんだ。

2006-10-29 | 恋愛 | cm : 6 | tb : 0

別れ

え~っと・・・非常に書きにくいのですが・・・

彼と別れました!!



早っ!!!



書きにくいから、書くの辞めようとも思ったんだけどね・・
でも、やっぱ正直に行かないと♪


なぜ別れたのか。聞きたい?ぃや聞いてほしいw


理由は、会えないことからすれ違いが増えたせい。だと思われます。はい。


でも彼に飛び込んだことは、別れた今も後悔してないよw
だって、彼と出逢ったおかげで、また恋が出来る自分が居たのが嬉しかったしw


そーいう意味では、いぃ経験になったなぁw
なんかね、いろいろ勉強になった恋愛でした。(短いくせにw)


なんだろうなぁ。
らん丸と付き合いながら、よく思い出したのは過去の恋愛のこと。


アタシね、25歳になるまで、1度も男に振られたことがなくて。
はじめて振られたのが25歳の時。


当時の彼と突然連絡が取れなくなった時、共通の知人を通して言われた一言。
「アイツ、他の女との間に子供が出来て、籍入れたよ」

の言葉だった。


はじめて振られた衝撃。何の疑いも持っていなかったアタシには大きかった。
もっと若いうちに、こんな経験して強くなりたかったと思った。


その半年後に出逢ったのが、元彼だった。
ペアリングを貰った1週間後に言われたのが
「他に好きな人が出来た」の言葉。


思ったより恋愛に対して臆病になっている自分を感じたの。

自分の身を守ることを憶えて、相手の気持ち考える余裕を失くしてる
ことに気づいた。というか彼が教えてくれたかな。


彼のね、足の怪我が治って、車校通いがはじまった。
学校、部活、バイト、車校で大忙しの彼とは、ほとんど会えなくて。


彼が急ピッチで車校通いをはじめたのは、理由があった。
彼と一緒に飲みに行ったアタシは、記憶をなくすほどに泥酔した。
翌日、反省したアタシは言った。


「アタシ・・・もぉ暫くお酒辞めたほーがいいかもね」
「辞める必要ないよ。俺がいるしw」
「らん丸が一緒とは限らないじゃん・・」
「は?俺いるよ?ずっと一緒にいるに決まってるじゃん」
「ぃや・・別れるとかそーいう意味じゃなくて。一緒に飲むとは限らないってこと。」
「あぁ、俺免許とったら毎回送迎してやるから大丈夫だよ」


12月・・友達の結婚式、忘年会 いろいろイベントがある中で、
それまでに免許とると言ってくれた彼。


そのおかげで・・会えないとわかっていたから、寂しいと言えなかった。
会おうと思えば、会えたのに。
「仕方がないってわかってるから平気」なんてクールに振舞ってみせた。

そのうちに、アタシは彼のことばかり考えてる日常がイヤで、
楽しむことを覚えてしまった。

そーいうのが、誤解に繋がった。


会えない中で、彼から突然届いたメール。
「もぉ俺のこと好きじゃないっしょ?
メールしてもスグ「おやすみ」って終らせようとするし・・。
俺ももぅ好きかどうかわかんなくなってきた・・」
と。


会えない中で、交わされたメール。
それが、自分勝手な想像の世界の中で膨らんでいった。きっとお互いに。


知り合って間もないのだから、冷めるのも早いんだ。


もっと会っていたなら・・・そう思うと辛いけど。

会えない相手だったからこそ、アタシの思いやりのなさが浮き彫りに
なったのかもしれない。
自分のことばかり考えていたアタシのせいだ。


彼のメールが届いた後、アタシは彼のアパートへ車を飛ばした。
直接話そうと思ったからだ。


もぅ何を言っても、彼は「わからない・・」と言うだけ。

そして彼が言った。

「結局、過去の出来事に縛られて、前に進もうとしてないだけじゃん」と。

そうかもしれない。

でも、アタシは前に進もうと思ったから、彼に飛び込んだつもりでいた。


それでも・・


結局、自分を守る行動は、彼の気持ちを考えない行動となってしまった。


自宅の場所さえも教えないアタシに、彼が不信感を抱いても
誰も責めることなんて出来ない。


それは、彼を・・男を信用していないアタシのせいだ。


「もぉ帰るね。でも、アタシはらん丸のコトちゃんと好きだったよ。
捻くれてたせいで、誤解もあったかもしれないけど。
でも捻くれているのがアタシだから、分かり合えなかったのは仕方ないことだと思う。
でもね、出逢えてよかった。好きになってよかったよ。
なんか、傷つけてごめんね。」



帰ろうとするアタシに、抱きついて離れようとしない彼がいた。
それからずっと、彼はアタシの胸に顔をうずめていた。


「アタシ、今は大人ぶったこと言ってるけど、本当は別れたくないと
思ってるんだからね。
こんなことされたら辛いよ」


言いながら、アタシは彼から逃れようとしたけれど、腕の力が強くて
逃れられなかった。

「もしかして・・寂しいの?」
「うん・・」
「じゃあ、友達になる?」
「うん!」


彼は嬉しそうに言った。


「でも・・友達になったら・・またアタシを好きになってくれるのかな」
「可能性はなくはないよ。その時はちゃんと言う」
「友達になったら・・会いに来ちゃうよ?」
「予定が入ってなければ、会えるよ」
「じゃあ、今日から友達だねwちょっとは気が楽になった?」
「うん。楽になった」


アタシたちは・・キスを交わした。


アタシは、その瞬間何かを期待したけど、スグその考えを振り払った。
そして覚悟を決めて、彼に抱かれた。


「ヤケになってるでしょ」と言いながら、辞めようとする彼。
アタシは、強引に続けた。これが最後だと言い聞かせながら・・。


帰り際、最後にアタシが言ったセリフ
「友達になんてなれるわけないでしょ。
アタシの連絡先は消してね。バイバイw
」と。


玄関のドアを閉めながら、彼を見た。
彼はベットに仰向けになっていた。頭を抱えて。


傷つけたかもしれない。
でも、別れたら会えない。だから決断は急いじゃいけないと思うんだ。

簡単に別れを決断した彼。
アタシから彼への最後の思いやりのつもりだった。
経験は、男を育てると思ったから。


アタシは彼が好きだった。


でも、やっぱり年の差は大きかった。

いろんな場面に遭遇するたびに、彼のこと子供だと思ってた。
何かある度に、元彼と比べては、あの頃のアタシ実は幸せだったんだ
なぁ・・なんて思ったりして。


自分の年齢、恥じてるわけじゃないのに、彼の前では自分の年齢が恥ずかしいと思えた。

若い子を見るたびに、彼とお似合いだなぁ・・なんて羨ましく思えたりして。


もっと会えていたなら、アタシたちは上手く行っていただろう。
彼と会っている時は、素直になれたアタシがいたのだから。
幸せだと思っていたのだから。


会えないことが、別れの原因になった気がしてる。


それでも・・・


なんだろう。


今は抱えていた不安から開放されたスッキリ感があるんだ。
彼と会えなくなることよりも、彼氏がいなくなった寂しさのほうが大きかったりする。


思ったよりも凹んでないアタシがいる。
もしかして・・アタシってば強くなった?


こんな気持ちも今だけなのかな。


なぜ、そう思うかって?


彼と別れたのが、たった4時間前のことだからだよ。

2006-10-28 | 恋愛 | cm : 4 | tb : 0

大バカ

次回投稿するのは1ヵ月後だなぁ・・・なんて思ってた。


でも・・・


今日は書かずにいられない。
昨日起こった出来事を。


アタシはバカだ!!!
もぉ大バカすぎて、自分が嫌いになりそうだ。


月曜日の夜、バイト中にお弁当を届けたアタシ。
翌日食べるように・・と作ったお弁当。


昨日、彼はそれを食べているはずだった。
なのに・・・いつまでたってもメールが来ない。


最初にアタシを襲ったのは「不安」
お弁当・・・実は不味かったから呆れたんじゃないかなって。


そのうち、被害妄想の渦へと落ちていく。
どん底まで凹む。


アタシって・・実は都合よく扱われてるだけなんじゃ・・とか。
彼にとって、単なる便利な女なんじゃないか・・とか。


どん底まで凹んだ後に襲ってきたのは「怒り」
腹立たしさが込み上げる。


「不味い」でも、「食ったよ」の一言でもいいから、何か言ったら
どーなのよ!?(怒)とか。
アタシはお母さんでも何でもないのよ?(怒)とか。


かと言って自分から聞けない小心者のアタシ><


そして最後に襲ってきたのが「寂しさ」


そんな感情の移り変わりに疲れ果て、眠ろうとした夜の10時(早っ!)


彼からの着信音。Tel苦手な彼がTelしてくることは珍しいことだった。


「弁当食ったよ。うまかったw」
「ウソばっかり・・自分でも食べたけど不味かったよ。
きんぴらなんて、激辛だったでしょ?」

「俺あの辛さなら大丈夫だよ。うまかったってw
ひじきも、豚の角煮も、あと緑の・・・なんだあれ?」

「小松菜ね・・」
「レンジでチンして食ったけど、どれもうまかったよ。
ただ、豚の角煮は量が多すぎだ(笑)
ってか料理出来ないとか言ってたけど、出来るじゃんw騙されたw」

「本見なきゃつくれないし・・料理出来るとは言わないよ」
「それは出来るって言うんだよ」
「そっかな・・・ぃや違うでしょ(笑)」
「ってか、今日メール来ないから、何で連絡来ないんだよ!とか思ってたっしょ?」
「べつに・・思ってないし。」←思ってた(爆)何故わかる?
「あ・・俺今バイト中なんだ。またメールするよ。
ホントにうまかったよ。ありがとね」



TELを切った後、1人顔がニヤけた。


ぶっきらぼうな彼が、珍しく優しくて調子が狂う・・というか戸惑う。
というより、そんな優しさが、照れくさかった。

料理を褒められたことよりも、そんな彼の優しさが嬉しかった。


付き合ってた人に、手料理を何度か作ったことあるけど・・
こんなふうに、ちゃんと「おいしい」って言ってくれた人いなかったな。


そーだ。
アタシは彼のこーいうところが好きなんだ。


いつもは、ぶっきらぼうなクセに、ちゃんと言ってほしい時に
ちゃんと言ってくれるところ。


最近の彼は、ぶっきらぼうすぎて・・・
ちょっと忘れそうになってたけど、1ヶ月ぶりに思い出した(笑


TELを切った後、彼からメールが届いた


「おいしいって言ってんだから素直に喜べよバーカ!!」


バカですって!?


いつも優しい彼でいてほしいけど、まぁいっか。。。

よしっ!料理もっと勉強しよw←どーしようもない単純バカだな(笑

2006-10-11 | 恋愛 | cm : 10 | tb : 0

1ヶ月記念日w

今日は彼と付き合って1ヶ月記念日w

ノロケは・・・笑って流してくださいwヽ(・∀・*)ノ キャッ キャッ
(久々だから長くなっちゃったw)

1ヶ月の今日。アタシたちは雑貨屋でお花の形をしたロウソクを12個買った。
1つは彼の部屋に飾り、残りの11個はアタシの部屋に飾られた。
毎月の記念日に、彼の部屋に1つづつロウソクが増えていくw

彼の部屋に12個並ぶ日。
それが1年記念日と、アタシの誕生日。

その日に火を灯してお祝いしようw

そんなこと思いついちゃうアタシは、知る人ぞ知るロマンチスト(笑


さて、この1ヶ月・・と言ってもブログお休みしてから、まだ数週間だけど(笑
なんだか・・なにかと忙しくてコメントもろくに出来なくてごめんなさい!!


アタシね、今年前厄だとばかり思ってましたけど、数えでいうと今年が本厄らしいですw
恐れていたアタシに、事件が次々と・・・^^;


実は、子宮内膜症で倒れました(笑
母が指の先落として、暫く家事担当がアタシになりました(泣
弟がドブにはまり、鼻の骨折しました(爆


恐るべし厄年!!!


さて、ブログ書かずに毎日彼とラブラブか!?
と思ってる人いるかも?でも違うんだな。
彼とは1週間に1度しか会えませんw


じゃあ何をしてるのか。
厄年の災難!?で忙しいのもあるけれど・・


アタシねぇ、今習い事してるんですよwそれで忙しかったりw
料理教室、パン教室、コーヒー教室、ブリザード、茶道・・なにかと友達と
格安の体験コース探しては体験しまくりですw


それから・・


アタシ、挫折した日から1年間は楽に生きようって決めてたの。
21歳で学校卒業してからというもの、働きすぎだったのでw
ソコソコ貯金もあったから、仕事は二の次にしようって思ってた1年間。
だから派遣登録して、5時に終る仕事選んだ。


病院勤務は、ものすごく刺激的で、1年間いろんなコト考えさせられた。
ほんと経験してよかったと思ってる。
そんな1年間も11月で終る。


遊びの時間はそろそろ終わり。
そんなわけで、本格的に仕事をはじめる準備で忙しいw

やっぱりアタシは、仕事にやりがいを求めてるんだなって実感した1年だったなぁ。


日々の生活が充実しはじめたのは、やっぱり彼と会えなくて寂しい・・なんて
彼のこと考えながら家にいるのがイヤだから。
思った以上に、寂しがりやな自分に呆れるけど、「寂しい」なんて口が避けても
いいたくないからかな(笑


それでは、そんな彼との話でもw


ちょっと付き合い始めがドラマチック!?に書きすぎただけに、今日これを書くのを
躊躇したけれど・・実際はドラマのように完璧には行かないものですw


彼の学校が始まってから、朝練がはじまった。
そして、バイト三昧の彼。

週に1度しか会えなくて。
会った日でさえ、疲れて眠ってしまう彼。まるでコアラだ。


相当厳しいトレーニングを積んでいるらしく、眠りながらも時々筋肉が
けいれんを起こす。アタシも昔経験したことがあるけれど、疲れている証拠だ。


がんばってるんだなぁ・・なんて思いながら、彼が眠っている間に溜まってる
洗濯物の山をせっせと畳んでみたり、溜まってる食器洗ってみたり。


やることなくなったアタシは車で少し外出した。

戻ってくれば、「帰ったかと思った」・・と若干焦ってる彼がいる。


付き合って間もないんだから、ラブラブデート♪とかしたいけど、そんな彼を見てると
まぁいっか。と許してしまえるから不思議だ。


ただ、普段無口で、割とぶっきらぼうな彼とは、若干コミュニケーション不足を感じてる。
そんな関係に、全く不安がないわけじゃない。


彼のぶっきらぼうなセリフ鵜呑みにしたら、マイナス思考に陥りそうな今日このごろ。
誤解、すれ違い 会えない日は、たいていそんなコト繰りかえしてきた。


例を挙げれば、アタシたちのTELでの会話のすれ違いはこんな感じだ

「明日はバイト5時からだったよね?その前は会える?
会えないなら、友達から誘われたから そっち行こうと思って・・」


「何の用事で会うの?」
「ぇ・・用事がなきゃ会えないの?」
「だって誘ってきたんだろ?」

用事がなきゃアタシたちは会えないんだ・・・と思ったらショックで言葉を失ったアタシ。

アタシはアタシたちのことを話してた。
でも彼は、アタシと友達のことを話してた。

当然会話はすれ違うわけで・・。
誤解が解けたからいいようなものの、誤解が解けずにいたら最悪なことになっただろう。


今までアタシがしてきた恋愛は「言わなくてもわかってよ!」ってことだった。
でも、今は言わなきゃ伝わらないと痛感してる。


会って顔を見ればわかることでも、会えない今は意地を張れば張るほどにすれ違う。
そう思えば思うほど、アタシから捻くれたセリフは少なくなり、素直になって
いくのを感じる。同時に、素直になることは、捻くれたセリフを考えるより楽だと知った。


甘えたことのなかったアタシが、素直に甘えられる
「しょーがねぇなぁ」とか「めんどくせぇなぁ」とか「うるせぇっ」って言いながら笑ってる彼
言葉はムカツクほどぶっきらぼうだけど、実は優しい。

安らげるアタシだけの場所を見つけた気がした。

なんだろう。
こんな感覚、はじめてだ。

ときどき子供
ときどき大人

いろんな自分を発見していく


ただ、なんでも許してるアタシに対して、彼はどんどんワガママになってきた。


これは昨日の話。彼のバイトが終った夜9時。久々のデートだった。
サイフの中身が9円しかない。という彼は、ゲームを売りに行きたいと言った。

久々に会えたと思えば、アタシは運転手か・・とちょっと腹立たしさがあった。

彼のお給料日まで、あと2日。食事もろくに出来ない彼。
まぁ学生なんて、そんなもんだろう。

これじゃデートも出来ない。
だからと言って、そんな理由で食事をオゴッたり、お金を貸したら、彼のためにならない。
いくらデートでアタシがオゴッてもらってたからと言っても、割り勘の申し出を
断っているのは彼自身。

ワガママになってる彼は、自炊なんて面倒くせぇと愚痴を言い始め、あげくの果てには 
アタシに八つ当たり。

悪いけど・・・いつも許すわけじゃない。
アタシはそんなに優しくない。

彼にはじめてアタシは怒った。自分で言うのもなんだけど、アタシは怒ると怖い。
感情的にはならず、冷静に相手に問いかけながら怒るからだ。
怒りながら思っていたのは、これでウザイと嫌われるなら仕方がない・・ということ
だけだった。

そんなアタシに、彼は終始しょぼくれていた。
彼の口から「ごめんなさい」という素直な言葉が出た時、アタシは彼を許していた。

「もう怒ってないよ」と笑いながら言ったアタシ。

暫くすると、助手席にいた彼が、運転中のアタシの手を握ってきた。
なんだか、そんな彼が愛おしく思えた。

お金を貸さない変わりに、お金の使い方を教えてあげる。
親を頼らないだけ、エライと思うからだ。

お金のない彼のために彼女として出来ること。
いろいろ考えたアタシは、せっせとお弁当をつくった。
そして、今からアタシの車を洗車してくれるという彼のバイト先へ、届けよう

結局、甘やかしてるかな・・とも思う。
普通の大学生ならほっとくけれど、彼は運動選手だから倒れてもらっちゃ困るのよ!!!


付き合って、まだ1ヶ月なのに・・・なんだか濃い。
つくづくアタシって・・・・尽くす重い女かも(笑
んじゃぁ、行ってきますw

2006-10-09 | 恋愛 | cm : 10 | tb : 0

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

| HOME |

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005RIO_IGARASHIAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。