smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

素敵な笑顔

さて、今日は結婚式に行ってきましたw

二次会にも出席して、久々に酔っ払いです♪

だってだって、夜のお仕事してても飲まないんだもの。

お酒好きなのにさぁ。。。。ぶつぶつ。。。

まるで日ごろのストレスを発散するかのように
飲んできましたw

だから酔っ払い~♪ヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ

さて、今日は同期のNと一緒に出席w

Nに言った。

り「昨日から空手とバレエ始めたんだけど、体が痛い~><」

N「えっ!?バレエ?バレエ始めたの??」

り「ちょっと・・なんで空手には驚かないのよ。。」

N「ぃや・・空手はなんとなく、やりそうだから(笑)
でもバレエは意外すぎて驚いたよ!!」


・・・。

言いたいことは山ほどあるけど、まぁ、いいや(笑


今日はね、営業時代に6年間アシスタントを
してくれてた和美ちゃん(仮名)の結婚式でした

アシスタントは全部で3人いたんだけどね、やっぱり忙しい仕事
だったからすぐ辞めちゃう子も多くて。

アタシも仕事の鬼。厳しいコト言うこともあったから
なんだろうけど(笑

そんな中で、和美ちゃんだけはアタシが退社するまで、ずっと
支えてくれてた人なんです。

和美ちゃんが入社して暫くしてから、周りのみんなが言ったの。

「りおさん、今までアシスタントに恵まれてなかったけど
やっといい人と巡りあえたねw」


って。

本当にそう思った。

アタシが退社するって告げた時にね、和美ちゃんが言ったの。

「私はりおちゃんが居たから、この仕事続けてこられたの。
りおちゃんが、いつも守ってくれたから。
りおちゃんが辞めるなら、私も時期見計らって辞めるよ。」


なんて言って、本当に数ヵ月後退社(笑

でも言われた時、ちょっと感動したんだぁ。
だって、アタシのほうこそ、和美ちゃんが支えてくれたから、
頑張ってこられたんだもの。


さて、そんな和美ちゃん。年齢は34歳と、ちょっとお姉さん。
プライベートのコトもいろいろ話せる程仲良し。

アタシは、和美ちゃんのコトが大好きで。
いつも笑顔でテキパキ仕事をこなしてくれる彼女を、尊敬してた。

和美ちゃんはね、美人なの。
男性からも、とっても人気があって。

なのに、付き合う男に浮気されまくってて、傷ついてて。
ずっと彼氏がいなかった。

なんで、こんなに素敵な人が幸せになれないの?って、
いっつも思ってて。

だってね、美人で、性格もよくて、優しくて、明るくて
ポジティブで、気も利いて、頭の回転も早くて、字も綺麗で・・

あぁもぉ!褒めたらキリがないっ!

アタシが男だったら、お嫁さんにしたい人No.1。

幸せになってほしい。って、ずっと心の底から思ってた。


そんな和美ちゃんと、退社してからも、繋がっていられるのが
嬉しかった。

和美ちゃんと一緒に行った飲み会。

それは今から1年前のこと。

珍しく1次会で解散。

アタシは帰り道が同じだった純くん(仮名)と、K君と
途中まで一緒に帰ることに。

初対面だったのに意気投合した3人は、そのまま別の居酒屋へ。

アタシは純くんに言った。

「ねぇ、実は和美ちゃんのコト、いいなって思ってたでしょw」

「あれ。。何でわかった?」

「なんとなくwなんで連絡先聞かなかったの?」

「ぃや・・そんな雰囲気じゃなかったし」

「チャンスは逃しちゃダメじゃん!アタシから和美ちゃんに
言おうか?」


「ぃやぃや・・そんないいよぉ。」


そして、翌日。


アタシはスグ和美ちゃんにメールした。

「和美ちゃん、純君どう?けっこうイイかもよwいっちゃえw」

なぜアタシが和美ちゃんにメールしたのか。
和美ちゃんも、純君を気に入っただろうなって勘が働いたから♪

和美ちゃんから返事w

「ほんと?実はアタシ純君いいなって思っててw
頑張ってみよっかな!」



その後、和美ちゃんから純君へ連絡w

そんな2人が、今日結婚という日を迎えた♪


アタシは正直、嬉しかった。

いつもアシストしてくれてた和美ちゃんを、こんな形で
アシスト出来たことが。


披露宴。

席につけば、手書きの手紙が置いてあった。

りおちゃんへ

2人の出逢いに関わってくれたリオちゃんw

心から感謝しています。

あの日、「カクレ二次会」が無ければ
今日の私達は居なかったと思う。

本当にありがとう。

時にはお隣で、時には向かい合わせで
仕事の話はもちろん、LOVE話もしあったよね。

そう!次はアナタの番よっ!

素敵な人を見つけて、早く紹介してー!!


ちょっと目が潤んだ(笑


披露宴が進む中、司会者が言った。
「それでは、新婦の和美さんのアピールポイントを
友人代表のリオさんから、新郎に教えてあげてください!」


突然の・・何の前触れもない指名に戸惑う

「えーっと、私は営業をしていたのですが、
和美さんは、そんなアタシのアシストをして
くれていました。

毎日毎日、笑顔で「行ってらっしゃいw」とか
「お帰りw」とか「頑張ってねw」と私に声をかけて
くれるんです。

それが私にとっては癒しでもあり、励ましでもあり。
何度その言葉と笑顔に助けれられたかわかりません。

和美さんのアピールポイントは絶対に笑顔!
どうか笑顔の耐えない家庭を築いてください」


言いながら、また目が潤んで言葉に詰まった。

あぁ・・でも前もって教えてくれていれば、もっと
いいコト言えたのに。。

なんて思うのと同時に、何の緊張もせずスラスラ
言えるようになってる自分。

場慣れしたなぁ・・って思うと可笑しかった。


披露宴が終わり、2人にお見送りされる。

和美ちゃんが笑顔で言った。

「今日は本当にありがとねw
これw受け取ってw 次はりおちゃんの番だからねw」


受け取ったのは、ブーケ。

なんだか胸が熱くなるのを感じた。

和美ちゃんの素敵な笑顔に。

スポンサーサイト

2006-12-10 | 日記 | cm : 3 | tb : 0

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

| HOME |

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005RIO_IGARASHIAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。