smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

spiral vol.4

男友達O君が紹介してくれた男は、マメちゃん(28歳)

お酒のない席で、みんなでピザをつつきながら
気軽に楽しもう・・と言っていた

なのに、時間になっても現れないマメちゃん

完全に遅刻だ

O君がTELをすれば、道に迷っている様子

もう1度TELをすれば、あさっての方向にいる始末

そんな、頼りない感じはちょっとイヤかも。

そう思っていた

やっと到着した時、マメちゃんが言った

「道に迷ーてしもて・・」

あれ・・その方言は。。。

「もしかして、地元の人じゃない?」

「うん。オレまだこの土地に来て2年ぐらいかな」

なるほど・・・だから道詳しくないんだ・・と思い
少しだけホッとした


笑顔が爽やかで。

マジメな好青年タイプの男だった


最近まで海外で仕事をしていたようで
彼の話は面白く、少し興味を抱いていた


ここはO君がらみで、友達になるところから・・・。


そう思ったアタシは、また遊びたいな♪・・・とさり気なく
O君に伝えたもののそれっきり。


O君は仕事が忙しくて、すっかり忘れ去られてしまった


催促してまで会いたい!という気持ちでもなかったせいで
マメちゃんと再会したのは、それから2ヶ月も先のことだった


そして数日後、また他の飲み会に行ったアタシ


別の用事とバッティングしたおかげで、アタシが顔を出した
時には、既に終了30分前のまったり感が漂っていた


その中で、1人の男が目に留まった

それがコウちゃん(仮名)だ

めちゃめちゃ好みのタイプだった

でも、結局遅刻したアタシは、一言も会話を交わせぬまま。

帰り道、友達に行った


「あぁ・・コウちゃんとお喋りしたかったよー><
めっちゃタイプだったんだけどっ!!」



友達から帰ってきた言葉は、こーだった


「えぇ!?どこがいいの??全然イケてないじゃん!
なんか素朴な感じだし、今までリオが付き合った男とも
全然タイプ違うし、どーしちゃったの???」



ぇぇえええええ。。。。



酷い言われようだ(泣

もともとアタシは、硬派で男らしいタイプが好みで。
コウちゃんは、アタシの好みにピッタリ当てはまっていた。


確かにカッコいぃとは言えないけれど、あんなに素敵な
のに。。。


それから1ヵ月後、コウちゃんが来るという飲み会があったけれど
またも用事で行けないアタシ


すれ違い・・・すれ違い・・・


再会したのは、それから暫く後のことだった。


飲み会に行けば、何もなく帰ることも多かったアタシ


連絡先を交換しても、イマイチ気乗りしないことも
多かった


でも、今回は全ての飲み会で


「この人いいなぁ」とか
「遊んでみたいなぁ」とか。


毎回思っている自分に、驚きを隠せずにいた


アタシはいつから、こんなに気が多くなったのか。


トキメキなんてものもなかったけれど、誰でもいいから
友達になって仲良くなる所からはじめたかった。


最初から気乗りせず、半ば義務感と焦りしかなかったあの頃


それに比べたら、なんだか前進した気がしていた


つづく

スポンサーサイト

2007-08-26 | spiral | |

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

| HOME |

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005RIO_IGARASHIAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。