smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

spiral vol.36

翌朝、目が覚めたアタシは、いつもよりメークに
時間をかけた。



髪型も変えて、気分一新



無理やりテンション上げて、出社した



午後からあの人が出社してくる。



あの人のことを考えるだけで、泣きそうになる。



でも、あの人に、そんな姿を見せたくない。



それがアタシのプライドだった。




仕事中、ある社員Bさんに声をかけられた



「引っ越して住所変更になったので、手続きを
お願いしたいんだけどw」




手続きをするために、1冊のファイルを手にとった



被保険者ファイル



住所を書き換えようと、Bさんのページを探した



そして目に留まった1枚のページ




あの人のページだった




同じページに書かれた奥さんの名前



子供の名前



そして・・同居につけられた○印




あの人の守る家族が、同じページに刻まれていた



見せつけられた現実に
心臓がえぐられたような気分になった。



こんなもの見たくなかった・・・。




家に帰って、1人になりたくない。



だからって会社にも居たくない。



どうしたら・・・。




帰ろうとした時、食堂のAおばーちゃんに話しかけられた。



おばーちゃんの愚痴は止まらない。



いつものことだったけれど、そんな愚痴さえも
今日は気が紛れた



食堂はAおばーちゃんと、Bおばーちゃんがいて。
お互いにとても仲が悪い。



特に、Aおばーちゃんは要領が悪く、いつもBおばーちゃんに
怒られてばかり。



本当なら5時で終る仕事なのに、自分が遅いせいだから・・と
残業もカウントせず、がんばるAおばーちゃん。



そんなAおばーちゃんに、アタシはつい言ってしまった



「今日アタシ暇だから、手伝うよw」



「そんな・・手伝ってもらった事、Bさんにバレたら、何言われるか
わからないよ・・」



「大丈夫w食器洗うだけなら、ドア閉めておけば誰にも
バレないってw

それに、アタシ今日は家に帰りたくない気分だからさw
やることあるのは助かるんだよねw」





「そう?ほんとにいつも悪いねぇ。」



なんでもよかった。


何も考えず、気を紛らわせることさえ出来るなら。




Aおばーちゃんが、お風呂掃除&洗濯をしている間
1人、食堂の隅にある流し台で、大量の食器を洗っていた。



気が紛れる・・そう思いながら。



おばーちゃんから、食器を10分間ハイターにつけるよう
言われ、ボーッとしながら待っていた



そしてまた・・あの人のことを考えている自分に
苦笑した



その時、ポケットの中で携帯が震えた



あの人からのメールだった。



つづく

スポンサーサイト

2007-10-01 | spiral | |

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

| HOME |

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005RIO_IGARASHIAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。