smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

2007年10月28日(日)

会えない日曜日


あの人のことを考えるだけで
苦しくなる胸は 相変わらずで。


一緒にいて、どんなに満たされようと
すぐに掻き消されてしまう。


そんな切なさを抱える 日曜日は


一緒にいる時間が長くなればなるほどに
切なさを増していく


あの人の日常が垣間見えるセリフだけが 思い出されて

溜息だけが零れる1人の休日は


どんなに空が晴れ渡っていようと

決して心が晴れることのない現実に

打ちのめされるだけだった



眩しい太陽も。


1日の終わりを告げる夕焼けも。


どんなにキレイな星空も。


1人で見る景色には、何の感情さえも沸かない



ただ・・あの人を思い出して、溜息がこぼれるだけの休日が

早く終ればいいと、願いながら。



夜は更けていく



必死になって、記憶の中で幸せだった2人を呼び起こし
満たされようとするアタシがいて。


それでも、今頃家族と一緒にいるという現実を想像すれば
一瞬にして掻き消されてしまう


そんな時

あの人から届いたメールに、また心を救われた


まるで切なさを抱える自分を騙しているような休日。


このまま騙され続けたい

アタシの気が済むまで。


そう願った。


もう二度と、あの人とデートに出掛けることはないだろう。


朝4時起きで仕事を終えてきたあの人と、他県にデートに出かけても。


眠そうに疲れてた あの人の横顔を見て。


無理をしてくれてるんだと 気づいたから。


いつだって。


あの人が無理してくれなきゃ会えない現実。


アタシのせいで、あの人が睡眠不足になってることも。


あの人が、嘘をついて家を出てくることも。


全部全部。


そうしなきゃ、会えないアタシたち。


「アタシたち・・無理しなきゃ会えないんだね。
お願いだから、もう無理しないで」


そう言ったアタシの言葉。


無理しなきゃ会えないアタシたちが、会えなくなると
わかっていても。


口にしたくなった言葉だった。


「そーいうコト言わないで」


そう言ったあの人がいたけれど。


無理をさせることが、こんなにも苦しいなんて。


今まで感じたこともなかった。


いつだって、一緒にいる男とは対等で。


どんな時だって、無理をしないで付き合ってきた。


無理をさせるぐらいなら、我慢する。


なのに・・今我慢することは、会えなくなることなんだと
知っているアタシがいて。


会えないことで、2人の心が離れていくことを知っている
あの人がいる。


無理しないで・・そんなセリフを強く言えない、弱い自分
が悔しくて。


なんだか情けなくて。


それなのに。


はやく会いたい。
そう思ってるアタシがいる。


なんてワガママなんだろう。


それでもやっぱり、デートに出掛けることだけは
我慢しようと決めた


たった1度、太陽の光を浴びてデートに出かけた
あの日の記憶を大事にしよう


もともとアタシたちは、太陽の光なんて
浴びちゃいけなかったのだから。


必死になって 不安掻き消そうとして。


ただ不安だけが スパイラルアップしていく日常に。


それでもまだ、あの人の優しい手に

救われているアタシがいる


アタシの願いは

あの人が、ずっと傍にいることじゃない


あの人の幸せを 壊すことじゃない


今一番願っているのは

ただ、愛しあった記憶の中の2人が

優しい笑顔で溢れていることだけ


それでも。


そんなアタシに、何が残るだろう


時々、虚しくてやりきれない この気持ち


どこに隠したら いいんだろう



たった1日の幸せなんて


不安に押しつぶされそうになる日を、支え続けるには


儚すぎる。

スポンサーサイト

2007-12-03 | 笑顔の記憶 | |

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

| HOME |

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005RIO_IGARASHIAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。