smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

2007年10月29日(月)

もうすぐ社員旅行がある。


海外旅行ということもあり、必要書類には「国内連絡先」を
書く欄があった。


今日、そんな書類をいち早く提出したA部長。


その書類に目を通したアタシ。


もちろん、それがアタシの仕事でもあるからだ。


国内連絡先:○○○-○○○○
名前:○○○○
その人との続柄:妻


そう書かれた書類。


もうすぐ、あの人もその書類をアタシに提出するんだろう。


何かあったなら、すぐに連絡が行くのは奥さんで。


一番に連絡をしてほしいのは、奥さんなのだから。


あの人が大事に守りたいのは、アタシじゃない。


そんな現実を、また見せ付けられる日が
容赦なくやってくる。


そんな日を想像しただけで、辛くて、涙が止まらない。


それでも、クールに仕事をするアタシがいるんだろう。


笑顔で書類を受け取る、アタシがいるんだろう。


アタシが気にするんじゃないかって、いろんな書類を提出することに
躊躇しているあの人が、アタシの笑顔を見て、安心できるように。


だからアタシは、こーやって今のうちに、いっぱい泣いておくんだ。


あの人の前で、笑っていられるように。


そんな時、あの人からの電話があった。


「そーいえば、A部長が今日パスポートのコピー提出したんだけど
9年前の写真大ウケしたよーw」


そう言ったアタシに、あの人が言った


「オレもその写真見たっ!あれは笑うよなー(笑
あーーっ!ってことは、オレの写真も見られるってコトだよな。
オレも7年前の写真だから、笑われるかも(泣」


笑って交わされた会話。


でもアタシの心は、別のことを考えていた。


7年前。


それが、あの人の結婚した年だということを、アタシが
知っているせいで。


新婚旅行のためにパスポートをとった時の、あの人の顔なんて
見たくない。


また・・・アタシの心が叫んだ。


もうこんな辛い恋愛から、開放されたいのに
あの人の手を振り払えないアタシがいて。


誰かに救ってほしいって。

心が叫んでるのに。


そんな誰かなんて、どこにもいなくて。


闇に向かって、ただ泣き叫ぶアタシがいる。


はじめてのデートをした日から、たった2日しか経っていない
のに。


遠い昔の記憶のように感じる


まるで・・・。

あの日の2人は、もうどこにもいないかのように。


必死になって呼び起こす、記憶の中の2人は。
まるで小さなお守りのようで。


そんな小さなお守りに、必死にすがりつくアタシがいる

スポンサーサイト

2007-12-05 | 笑顔の記憶 | |

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

| HOME |

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005RIO_IGARASHIAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。