smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

spiral vol.33

長い長い夏休みが終わり、いつもの仕事がはじまった



仕事中、深い大きな溜息と共にドアが開く



あの人だった



黙ってアタシに書類を渡すと、また溜息をつきながら
その場を去っていった



アタシと目も合わそうとしない。



これでいい・・・。

そう思っていた。




仕事終わる5分前、アタシは別の棟に向かった



そこでまた、階段から下りてくる あの人と遭遇した



アタシは出来る限り平常心で、明るく言った


「お疲れ様ですw」と。


「あれ・・・まだ居たんだ。」


「うんwこれ終ったら帰るよ」


「あ・・・お土産持ってく?」


「えっ?この前のツーリング旅行の?貰うw」


「ちょっと待っててw」


「やった♪見つからないように隠して帰ろうw」



笑顔でかわされた会話


まるで何事もなかったかのようだった。




そして夜、携帯の着信音が鳴り響く



あの人からだった



メールだめ・・・って言ったから、TELしてきたんだな・・
と思うと、ちょっと可笑しくもあった。



それでもアタシは、出なかった



鳴り響く着信音



鳴り止むのを、ただ待っていた



少しして、あの人からメールが届く




-メールいけないっていうから電話しちゃったw

そして、メール1日も我慢できなくてごめんなさい。
今日は反省してるっていうか、スッゴクテンション低い><

りーちゃんにメール出来ない事でこんなにも、ブルーになる
なんて><

もぅーーー嫌だぁーーー!!!

でね

H君が次回はいつにします?って・・・・・。

早めにやりましょうよって・・・・。

そんな事聞かれて、余計ブルーになっちゃうし><

ねぇ、りーちゃん!

まだ、オレと遊んでくれる?

てゆうか

許してくださいm(_ _)m-




もともとアタシは、何も怒ってない



ただアタシは、少し距離を置きたい・・・そう思っただけで。



適当に距離を置く理由を、見つけただけ。



まだ、オレと遊んでくれる?

なんて。



結局アタシは、意志が弱い。



貰ったお土産に免じて・・なんてメールすることを
許していた。



その後スグ、着信音が鳴り響く



あの人が電話で、無邪気に喜びを伝えてくる



そして、言った



「そーいえば、本当にH君が言ってたよ。
また飲みに行こう♪ってw」



「アタシは行きたくないなぁ」


「なんで?」


「だって、ケイコ気づいてるもん。」


「なんで?言ったの?」


「話しかけようと思って、後ろを振り返ったら
見ちゃったって」



「・・・そーなんだ。
じゃあ、もう4人で遊びに行けないの?」



「うん」


「でも2人でも会ってくれないんでしょ?」


「うん」



必要なことだけは伝え、話題をそらしたアタシがいた。



アタシは思ってる



本当に大事なものや、守るべきものは、
お互い別の場所にあるはずだ・・と。



そして何より・・



アタシは、自分を守りたかった。


つづく

スポンサーサイト

2007-09-27 | spiral | |

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

| HOME |

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

,
©2005RIO_IGARASHIAll Rights Reserved.
Template, CG by 暁の野に咲く夜明けの花(Himatsuri YUYU)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。