smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

spiral あとがき

どんなときも



アタシは好きという感情に堪えることが
強さだと思ってた



間違った道を歩きそうになった時



どんなときだって



思い描いた理想の道から、外れることを恐れ
ただ、強引に突っぱねてきた



自分の素直な感情を押し殺す



それが強さだと思ってた



そんなコトが出来る自分は、強い女なんだと
誇りさえ持っていたはずだった。



実際は・・惚れてしまったなら、そんな強ささえも
脆くも崩れ去ってしまう自分を、知らずに生きてい
ただけだった。



物語はまだ終らない。



理想の結末とは、程遠い物語



これがこの物語の結末で。



どうしようもない矛盾を抱えながらも
あの人を想うアタシがいたせいで。



今はただ自分の弱さに直面している。



あの人の手を振り払えない弱さに。



理性と本能がぶつかりあった時
込み上げる感情は言葉にできない。



流れ続ける涙の理由や感情を、言葉にしようとすればするほど
陳腐な表現しかできない自分に もどかしささえ感じていた。



書けば書くほどに、苦しくなっていった毎日



こんなはずじゃなかった・・



そう思いながら、今締めくくるべく
「あとがき」を書いている。



アタシはただ待ってるだけ。



いつか訪れる「さよなら」を。



今はそれしか出来ないアタシがいる



アタシの人生は、どんどん乱れ 荒れ狂う



遠い昔の 彼との別れ



それが はじまりだったのかもしれない



あの頃の連載を読み返してみた



遠回りしているからこそ、きっと大切なことに気づいてる
そんな自分に誇りを持って、自分らしくあればいい




そんなセリフを書いていたあの頃



あの日のアタシは、苦しみもがきながらも
必死に立ち上がろうとしていた



あれから、本当にいろんなことがあって。



あの日のように、また誰かを愛したい。
そう強く思ってみても。



気づけば、誰のことも愛せなくなっていた。



恋をすることさえ出来なかった3年間は、辛いものでしかなく。



3年ぶりに恋したと思った相手でさえ、別れた後に
どこが好きだったかさえ思い出せず、虚しさだけが残った



大介と別れて4年が経ち、いつも心のどこかに彼がいることを
感じながら、もう二度とあんなふうに人を愛することなんて
出来ないような漠然とした不安があった中で。



あの人と出逢い、まだ人を愛せる自分を知った。



あの人の思いを知った あの日から。



それが、ただの不倫だという現実



遠回りしすぎて、大切なこと見失って。



誇りなんて持てずに、自分らしさが何なのかさえも
もうわからない。



太陽の下、堂々と手を繋いで歩くことも出来ないアタシたちは
出来ないことへの切なさを抱え、お互いを労わることで
絆と信頼を深めていこうとしてる。



今まで誰と付き合っていても、ほとんど口にすることなどなかった
不安や自分の気持ちを、あの人の前で口にしている自分がいて。



言いたいコトを言うあの人の前で、自分の言いたいことを
口にしているアタシがいる



自分の鎧を脱ぎさって、ありのままの自分をぶつけていても
いいんだという安心感に包まれているのは、あの人の想いを
常に感じていられるからなんだろう。



あの人が言う言葉に、涙を流しながら笑ってるアタシがいて。



アタシが言う言葉に、お腹を抱えて笑ってるあの人がいて。



時に文句を言い合いながら。



まるで・・仲の良い親友のような、この関係に。



満たされない想いを抱きながら、それでも満たされているような
矛盾した毎日。



日に日に2人の絆が深まっていくのを感じながら、
それと比例して・・別れが辛くなる現実に気づいている



仕事は仕事だと・・正社員の道を選んだアタシに
どれだけ厳しい現実が待ち受けているだろう。



アタシの人生はまるで滑り台。



一歩一歩踏みしめながら、太陽に近づいた時
あの人の手を取って、簡単に暗闇へすべり落ちてしまった



けれど・・そんな道を選んだのは、アタシ自身。



アタシは忘れてない



家族を壊せない・・そう言ったあの人の言葉を。



きっとあの人も、忘れていない



アタシが誰かと出逢うために、出逢いの場へ行っていることを。



一緒にいようと決めた現実逃避の裏に、それぞれの現実が
あることを。



お互いのズルさから、目を逸らさずに。



気づかないフリをし続ける弱さから
目を逸らさずに。



もっと楽に生きられたなら・・そう思いながら、それが
出来ない今のアタシは、弱さを抱えながら歩く強さを、育て
ていくしかないんだろう。



現実から目を逸らさずに、真っ直ぐ前を見て歩くことから
逃げ続け。



現実から目を逸らして、立ち止まることに怯えながら。



それでも何かを手にしたいと、闇の中手探りに光を探し
もがきながら。



いずれ訪れる、この物語の本当の結末を。



ただ待っているアタシがいる。



あの人と共有する時間



こんな儚い幸せは



いつか闇の中へ姿を消してしまう



きっと跡形もなく・・。




ただ・・アタシの心には残るかもしれない。



線香花火の儚い光と

心を抱かれた あの夜が・・。



それとも・・。



思い出さえも色褪せるほどに、深く刻まれ
ていく傷跡が・・?



そんな日をただ 待っているアタシがいる



今日も。



きっと明日も。



弱さを抱えて、歩いてくアタシがいるんだろう。



それでも。



一緒にいられる限られた時間と、あの人を。



今はただ・・・愛していたい

スポンサーサイト

2007-10-24 | spiral | cm : 7 |

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

Comment

連載お疲れ様でした^^

長い連載だったけど、
まだ始まったばかりなんだね。

姉さんが正社員になって、
これから何度も選択を迫られることになると思うけど。

でも、その度に、今選んだ道を、
後悔しないでいて欲しいな。

たまたま好きになった人に相手がいただけで、
相手の存在は好きとは関係ないのにね。

とは言え、恋は恋なんだし。

今後の人生の為にも、
精一杯ぶつかっていけばいいんじゃないかな。

せっかく心の鎧を脱いで、
過去の自分から解き放たれたわけだしさ。

そんな機会、滅多にないぜ。

2007-10-24 | KEN #- | URL | [ 編集 ]

お疲れでした!

読みながら自分と重なる部分もあったり・・・。
正直、りおさんのことを思うなら、友達なら「やめておけ」って怒るのが普通だと思う。
けど、彼の存在が今のりおさんにとってどれだけ重要かものすごく分かる。

私ごとだけど・・・・
私とAさんも似たようなもんで。
ただ、私の場合はAさんがたまたま小心者だったのと、私がたまたまAさんの好みではなかったからそういう関係にならず、親友でとどまってるわけだし。

重要な問題(相手の家族とかその他諸々)を目をつぶったり、忘れたりしていないのであればしばらくはそういう関係にあることも今のりおさんには必要なんだと思う。
愛情を受けること、心を開くことっていうのは思ってるよりなかなかできることじゃないし。
そういう相手から得られる物って大きいと思うし。

とりあえずしっかり新しい人とのぶつかり方を覚えて、新しい一歩を踏み出す準備をしてください(^_^)
ただし、道を見失わないようにだけ気をつけてくださいね(>_<)

2007-10-24 | まそら #Pg6Ch65A | URL | [ 編集 ]

★KENちゃん^^

ありがとうm(_ _)m

たぶんきっと、後悔しないと思うんだ。

アタシの人生で、後悔してるのは大介との
ことだけで。

だからこそ、後悔しないで生きることに
拘ってるのかもしれない。

一緒にいようって決めるまでの葛藤が長かっ
た分、2人での思い出が濃かった分。

連載も長くなったけれど。

否定しないで、アタシの想いを尊重してくれ
たKENちゃんのコメントが、嬉しかった^^

ありがとうm(_ _)m


★まそらん^^

ありがとうm(_ _)m


本当に今のアタシにとって、この出逢いは
大きいなぁって思ってる。

新しい一歩を踏み出す準備をしてるアタシも
いて。

それと同時に、離れた後のことを考えてる
アタシもいて。

今はただ、後悔がないようにって思ってます。

離れた後でも、記憶の中の2人が笑顔で
いられるように・・。

それが今一番の願いです^^

アタシの気持ちを尊重してくれた、まそらん
のコメント、ほんと嬉しかった^^

ありがとうm(_ _)m

2007-10-25 | りお #- | URL | [ 編集 ]

昔りおちんじゃなかったかなぁ

好きなものを好きと素直に言える人が

幸せになれる資格があるって言ってたの

…違ってたらゴメン(^^;)

今はただ愛していたいというのが

今のりおちんの素直な想いなんだね

先のこと考えないわけにはいかないけど

考えても不安になるばっかりで

とんぼちんも先のことは見て見ぬフリしてる…

そうすると今が幸せだから(ぉぃw

なかなか思い通りにいかないこと多いけど

それが恋なんだと締めくくってみる(笑)

りおちんの想いとは裏腹に

毎日楽しみに読ませてもらってました

ドキドキをありがと(^^)

2007-10-25 | とんぼちん #- | URL | [ 編集 ]

★とんぼちん^^

ありがとうm(_ _)m

そんなコト書いたような・・書かない
ような。。。(汗

考えたくない将来のこと、考えないよう
にしてるつもりで、考えてる自分がいて。

どーしようもないよね・・。

こればっかりは思い通りにいかない。

それが恋なんだと・・アタシも締めくくって
みるよ(笑

優しいコメント、すごい嬉しかった。

ありがとうm(_ _)m

2007-10-26 | りお #- | URL | [ 編集 ]

連載お疲れ様です^^

読みながら一人ドキドキしたり、切なくなったりしてしまいました。

友達が1年くらい前にかなり年上の人と付き合う手前まで行って・・・でもその人には婚約者が居て・・・もぅ入籍日まで決まってて・・・そんな中で『好き』『ずっと一緒にいたい』って気持ちは変えられないまま苦しんでいるのをずっと傍で見ていました。
最初は「そんな奴やめろ!!」と怒ったけど
苦しむ友達を見てぁたしには何もしてあげられなかったです。。。

それでも苦しみながら友達はちゃんと前に向かって進んでて
だけど、その子の口癖がいつも「いつか終わる恋愛って意味あるのか?」って。

将来幸せなことも大切なことかもしれない。
だけど今幸せなことはもっと大切!!
意味のないことなんてない!!って叫んだり・・・

りおさんの日記を見て、そんなエピソードを思い出しましたww

どんな恋愛も絶対不安になるし・・・
将来が保障されるものなんてないから
今を信じることが一番大切なんだと

今も恋愛しながら日々感じている陽菜でした。

2007-10-27 | 陽菜 #- | URL | [ 編集 ]

★ひなちゃん^^

ありがとうm(_ _)m

読んでくれてたんだね^^

ひなちゃんには、こんな汚れた日記
読んでほしくないって気持ちもあった
けど(笑

今のアタシには、信じる何かは何もない
けれど、今を大事にしたいって思いは
やっぱり強いなって思う。

今を大事に出来なきゃ、将来大事に出来ない
もんねw

ひなちゃんの優しいコメント嬉しかった^^

ありがとうm(_ _)m

2007-10-28 | りお #- | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。