smiley smile

いつも笑顔で歩く道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- | スポンサー広告 | |

TEL


さっきTELが来た

らん丸からだった

「会って話したい」

また足が震えた

今更なにを言ってるの?
と思いながらも、何かあったのかと思って
心配にもなった。

「どーしたの?何かあったの?」

「やっぱり俺、別れたこと後悔してて・・
今更だって、わかってるんだけど。
1度会って話したいんだけど、会えない?」

「とりあえず会って話ししよっか」

それだけ言ったアタシは、彼と会う日を決めて
TELを手短に切った。

意外な彼の言葉に、嬉しかったアタシがいた。

でも、別れて3週間。

アタシがどれだけ、ふっきろうって頑張ってた
と思ってるの?

並べるはずだった残り11個のロウソク見て
どんだけ泣いたと思ってるの?

どんだけアタシが自分を責めたと思う?

アタシは冷たい女なんでしょ?

だったら、もうほっといてよ。

そんな怒りも当然沸いた。

でも、本当はアタシどうしたいんだろう。

わからない。

やっぱり今は、わからないまま。

彼のこと大事に思う気持ちは、変わってない。

でも、それってどっか母親的感覚で。

どっか、ほっとけなくて。

心配だから傍にいたくて。

それって恋愛感情?

だって一緒にいても、なんだかしっくりこなかったでしょ?

お互いに年齢気にしすぎて、街だって歩けなかったじゃない。

手だって繋いで歩いたことなかったじゃない。

会話らしい会話も出来なかった。

あの時は、それでも傍にいたいって思ってた。

でも好きって気持ちだけで、いつまでキミと一緒にいられるだろう。
そんな不安が頭の片隅にあって、掻き消しながら傍にいた。

予想以上に、早くてあっけない別れに戸惑った。

だって、付き合ってから会ったのなんて・・たったの5回よ?

付き合ったのなんて・・たったの1ヶ月半よ?

そんな短い期間で、アタシの何がわかったっていうの?

そんな短い期間で、簡単に結論を出したんでしょ?


アタシを全否定された気がしたから、転んだままなの。

現代のメールマジックへの敗北感まで感じてた。

アタシはいつだって、全力投球。

恋するのも。

失った恋を諦めるのも。

アタシの中では、もう終った恋だと諦めた。

あっけなく終ったね・・なんて友達からも笑われて
それがアタシのキャラだから、自分でも笑い飛ばし
ながらも、惨めな気持ち味わってた。

前向こうって、がむしゃらだった。

そんな毎日が楽しくなりはじめてた。

だから、今はわからない。

自分がどうしたいのか。

別れてたったの3週間だけどね、知り合って間もないアタシたち
にとっては短い時間じゃなかった。

3週間って、思ったよりも長かった。

アタシの生活だってガラッと変わった。

キミと出逢う前のアタシ

5時に仕事終って、週末以外はほとんど家に居た。

キミと出逢って。

5時に仕事終って、たまに友達と習い事行って。
ほとんど家にいて、バイト中のキミとメールのやりとり。

キミと別れて。

家にいることが少なくなった。
家に居ても、やることいっぱいになった。

キミのこと考える時間、つくりたくなくて。

楽しくなってくうちに、キミのこと考える時間も減っていった。

考えていたのは、変わりたい自分。

ただそれだけだった。

心のどっかで思ってるの。

やり直せるわけないって。

価値観の違いとか、生活の違い、年齢差って思ったより大きい。

その差を埋めるには、やっぱり会話って大事で。
なのに、キミとはそれが出来なかった。

アタシはね、いろんなコト話して2人の絆を深めて行きたかった。
でもキミとは、それが出来なかった。

やり直したとしても、また似たような理由でアタシたちは
きっと別れると思うんだ。

それが、わかってて飛び込む勇気なんて
これっぽっちもない。

綱が切れるとわかってて、バンジージャンプするようなもの。

アタシには、そんなことムリ。

でもね、今アタシは・・

残りわずかな気力を振り絞って・・

彼に飛び込むことも考えてる

やっぱり、彼のコトを大事だってコトに変わりはないから。

ただ彼からのTELが嬉しかったアタシが居たから。


彼のことが好き?それとも寂しいだけ?

別れた日、キミからのメールに驚いたアタシは
会社から直行でキミの家へ向かった。

居ても立ってもいられなくて。
すぐにでも会いたくて。

でも今日は・・会う日を少し先延ばしにした。

会おうと思えば、今スグにでも会えたのに。

それが答えのような気もしてて。


彼のどんなところが好きだった?

今日は、それすら想い出せない。

出逢った日の記憶も

うっすらと記憶に残ってたキミの香りも

キミの笑った顔さえも

今のアタシには、遠い昔のコトのように

霧がかかっている

自分の気持ちも、霧で見えない

どうすればいいか わからない

どうしたいのかも わからない

まとまりのない記事になっちゃった。

なんだかジムに行きたい気分

なのにインフルエンザの予防接種をうけた今日は
運動さえ出来やしない。

何も考えたくないのに。

もう今日は勉強がんばろう。うん。そうしよう。

スポンサーサイト

2006-11-20 | 日記 | cm : 7 | tb : 0

*******************
♪BGM著作&提供
オルゴール素材
*******************

Comment

りおさんの気持ちがよくわかります(。_。川)
私も彼のことを考えたくなくてバイト始めて、一生懸命夜まで働いて少しでも考える時間を減らしてます。

りおさんの気持ちが痛いほどわかりますゥヮ―。゚゚(PД`q゚*)゚。―ン
今日も寂しくて泣いちゃいそうだ。。。

2006-11-20 | 陽菜 #- | URL | [ 編集 ]

おはつで~すww
ホームページ作ってみた
ガンガッて きょうも更新明日も更新
ほぼ毎日更新するんで…
見てくれたら うれしいかもww

http://bigsio.jp/~459/

2006-11-21 | #- | URL | [ 編集 ]

来たねー、TEL。
タイトル見ただけでピンときたよ。

らん丸も、姉さんと離れてみてわかったコトもあるだろうし、
多少頭冷やしたのもあるんじゃないかな。

別れを繰り返すカップルにKENは否定的だけど、
まぁ一度くらいのやり直しはあって然りかもね。

姉さんが、別れるのが目に見えてるって言うのもわかるから、
あまり押す気はないんだけどさ(笑)

らん丸が少しは話の出来る男になっていれば、
それはそれでまた二人の歴史かな、とも思います。

ヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ

2006-11-21 | KEN #- | URL | [ 編集 ]

( -_-)旦~ フゥ...

( ´O)η ファ~

話する って、何を話すんだろうね?
後悔先に立たず
ちゃんと自分と向き合わせるのも、優しさじゃない?

2006-11-22 | 麒麟 #- | URL | [ 編集 ]

★陽菜ちゃん(≧∇≦)ノ

あらら・・泣かないで><
ぃや・・泣きなさいっ!!
いっぱい泣いたほうがいいぞw
我慢せずに泣いちゃえ~(。ゝω・)b

★KENちゃん(≧∇≦)ノ
そうだねぇ。
少しは話の出来る男になっていたら・・
そんな3週間で人間変わるわけないんだよね。

でも実は、もうアタシの中で結論出てますw

★キリンちゃん(≧∇≦)ノ

まぁ、そうかもね。
よくわかんないけどw

優しさねぇ・・優しさって何だろうね。

2006-11-22 | りお #- | URL | [ 編集 ]

ん~

もう決めちゃってるみたいなのであれだけど・・・。
会う前に決めちゃってるのもどうなのかななんて思ったり。

いつも全力投球で頑張ってるりおさんすごいなって思うけど、もう少し肩の力を抜けれたら楽になるだろうなってちょっと心配になる。
それが出来ないから不器用であって常に全力投球なんだろうけど。

話し合いをする時は何かを決めてからだと話し合いにはならない。自分の中で結論が出てる場合は大抵の場合意見を聞いても「まぁそういう考え方もあるよね」で終わっちゃうと思う。
だから出来れば会う前から結論を出さずに、会って話して受けた感情や気持ちを大切にして欲しいって思うけどな。

必死で忘れようとする辛さ、らん丸君への複雑な気持ち分からなくはない。
だから、悩んで決めたのなら何も言えない。
話をした結果を待ちます。

2006-11-22 | まそら #Pg6Ch65A | URL | [ 編集 ]

★まそらん(≧∇≦)ノ

結論は出てる。アタシの中ではね。
でも、それを覆す何かがあれば、また事態は
変わってくるのかもしれない。

出来る限り、話し合い・・というか、彼の話を
聞いてみるつもりだけど・・。
それでも、今大事なのは、自分の感情。
彼と一緒にいたいかどうか。好きかどうか。
それだけだと思ってるんだよ。
彼にあーしてほしい・・とか、強く望んでたこ
となんて、ないのだから。

2006-11-26 | りお #- | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://riosmiley.blog53.fc2.com/tb.php/61-7a2d4645

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。